本文へ移動

ニュース/お知らせ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

~高校生ふるさと企業を知る会に参加しました!~

2022-11-16
~高校生ふるさと企業を知る会に参加しました!~
令和4年11月16日(水)、石川県立飯田高等学校『ふるさと企業を知る会』に大地敦子技能職員、長尾浩美書記の2名が参加させていただきました。
飯田高校ビジネスコースの1・2年生及び民間企業就職希望の進学コースの2年生31名を対象にふるさとの企業で働く卒業生や若手社員の仕事内容を知り、社会人としての生き方・あり方、進路選択を具体的に考える機会として開催されました。生徒からは「間伐で伐る木はどうやって選ぶのか?」「仕事で何が大変か?何が楽しいか?」などの質問がありました。今後、このような機会があれば積極的に参加させていただき、森林組合の仕事の紹介や魅力を少しでも若い世代に伝えたいと考えます。
能登森林組合PR動画

~第13回伐木作業研修会が開催されました~

2022-11-01
令和4年11月1日(火)恒例の林災防穴水分会主催の第13回伐木作業研修会が穴水町北七海地内の山林で競技会方式(9回目)により開催されました。この研修は林業技術者が基本に立ち返ることで、チェンソー伐木作業の労災事故防止を目的として毎年実施しております。能登森林組合からは各支所総勢5名、協力事業体から3名が競技に参加しました。穴水労働基準監督署監督官により指差呼称などの基本動作を審査いただき、伐木技術を競いました。
この研修を通じ安全・安心な職場づくりを目指してまいります。
尚、競技結果は次のとおりです。
 〈1位〉徳田啓二(能登支所)
 〈2位〉高木功次郎(協力事業体・空杣(そらそま)
 〈3位〉本多隆廣(輪島支所)

石川県山林大会が開催されました!

2022-08-26
石川県山林大会が開催されました!
第67回石川県山林大会が8月26日、白山市鶴来総合文化会館クレインで開催されました。大会のテーマは、森林資源を「伐って、使って、植えて、育てる」循環利用の推進です。林業の魅力ある産業としての飛躍的な発展、木材産業の体制強化と県産材の利用拡大、多様で健全な森林の管理・保全、里山資源を活かした山村の振興に寄与していくため、森林・林業・木材産業関係者が連携し、実現に向けて邁進いたします。
また、森林整備コンクール並びに林業功労者、山林協会功労者に当組合管内から次の方々が表彰されました。おめでとうございます。

〇第65回石川県森林整備コンクール(敬称略)
 石川県山林協会長賞 大平 幸隆(能登町)

〇林業功労者(石川県山林協会長表彰)(敬称略)
 谷 定雄(輪島市)森林整備事業の推進

〇山林協会功労者(敬称略)
 坂本 明(穴水町)副会長6年、理事28年

林業労働災害防止のためのVR研修会開催!

2022-08-18
林業労働災害防止のためのVR研修会開催!
8月17・18日の2日間、管内2会場において、従業員のほか協力事業体を含め78名が参加し、VR(仮想現実)シミュレーターを体験しました。
まず、講師から林業労働災害の現状と対策について講義を受けました。
続いてのVR体験では、バーチャル空間で実際に起きた伐木の災害事例を疑似体験することにより、災害原因や危険予知など安全意識を高めることが出来ました。
今後も安全衛生のための研修会を開催し労働災害ゼロを目指します!

組合長就任のご挨拶

2022-06-24
組合長就任のご挨拶
組合員の皆様には、常日頃より能登森林組合の各種事業運営に格別なご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 この度、坂本前組合長の後任として、令和4年6月24日開催された総代会後の理事会で選任いただき、代表理事組合長に就任いたしました。微力ではございますが、能登地域の林業の振興と組合員の皆様及び能登森林組合の発展のために全力を挙げて職務に邁進する所存です。皆様方のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。
さて、当組合は能登半島の先端部に位置する輪島市・珠洲市・穴水町・能登町の2市2町を管内とし、森林資源は民有林が84,000ha、その50%の42,000haが人工林です。主な樹種はスギ26,000ha、アテ(能登ヒバ)9,500haです。特に、アテ(能登ヒバ)は能登半島が主な生産地で、優れた耐久性や効能と共に花粉が非常に少ないなど、優れた特性を持つ樹種です。このような豊富な森林資源を有効活用するためには、組合員の皆様がご自分の所有山林に関心を持ち、その価値を知っていただくことが重要であると考えています。森林組合がそのお手伝いをさせていただきます。
 また、担い手の確保と育成は、喫緊の課題です。定住人口が減少している能登地域では、担い手を都市部から能登へ誘導する新たな方策を構築する必要があり、行政の理解と協力も必要であると考えています。
 一方、ウッドショックで木材価格は上昇しましたが、林業は依然厳しい状況に変わりはありません。地域の実情に即した「伐って、使って、植えて、育てる」という循環型の林業を確立することや、組合員へのより多くの利益還元ができるよう、木材の販路やコスト削減に取り組むことが重要と考えています。
 森林組合を取り巻く環境は日々変化しておりますが、能登地域の森林を守り、林業が生業として発展するよう、役職員のモチベーションとパワー並びに能登の豊富な森林資源を一つにして、組合員の皆様に「信頼され、頼りにされる組合」を目指していきますので、組合員の皆様をはじめ、関係機関の一層のご支援とご協力をお願いいたしまして、就任のご挨拶とさせていただきます。
能登森林組合代表理事組合長 亀井順一郎
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0768-52-0316
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
能登森林組合
〒927-0023
石川県鳳珠郡穴水町
字麦ケ浦17字5番地
TEL.0768-52-0316
FAX.0768-52-8178
TOPへ戻る